■共催シンポジウム■ 長崎からつなぐ<過去・現在・未来>

■共催シンポジウム■
長崎からつなぐ<過去・現在・未来>
―日本の電信電話事業の幕開けと現代におけるケーブル事業の展開―
http://www.jotsugakkai.or.jp/operation/nagasaki-symposium.html

主 催: 長崎歴史文化博物館
共 催: 情報通信学会/社会情報学会(SSI)九州・沖縄支部/公益事業学会九州部会
協 賛: KDDIグループ

日 時: 平成24年12月16日(日)13:30〜16:50
場 所: 長崎県歴史文化博物館ホール
(〒850-0007 長崎市立山1丁目1番1号)

プログラム: (敬称略)

12:30 開場・受付開始

13:30-13:35 開会挨拶 菅谷実(情報通信学会会長・慶応義塾大学教授)

13:35-14:25 基調講演
        「情報交流地としての長崎〜過去から現在へ」
          ブライアン・バークガフニ(長崎総合科学大学教授)

14:25-14:40 休憩

14:40-16:40 パネル・ディスカッション
テーマ: 「海底ケーブルは何をどのようにつないだのか?!」
    コーディネータ: 菅谷実(慶應義塾大学メディアコミュニケーション研究所教授)

パネリスト:
  「近代化の魁・長崎〜電信電話事業の幕開け」
     岡本健一郎(長崎歴史文化博物館研究員)
  「電信電話事業から見た日本の近代化における世界認識」
     河又貴洋(長崎県立大学国際情報学部准教授)
  「海底ケーブルの現状と将来展望」
     安田豊(株式会社KDDI研究所代表取締役会長)
  「海底ケーブルの国際政治学」
     土屋大洋(慶應義塾大学大学院政策メディア・研究科教授)
 
16:40-16:50 閉会挨拶 大堀 哲(長崎歴史文化博物館館長)

総合司会: 吉光正絵(長崎県立大学国際情報学部准教授)

概 要: 近代化の魁(さきがけ)となった長崎。その一つに電信電話事業の発祥の地としての長崎の存在がある。幕末の国際情勢動乱期に、長崎に持ち込まれた電信電話技術は、国際と国内を結ぶ交易都市としての長崎のみならず、国際情報流通ポイントとして長崎の戦略拠点的役割を高めることともなった。
本シンポジウムでは、近代化という社会改革の胎動期にあった長崎の遺産を手掛かりに、その後の近代・現代化を推進することになる情報通信技術の役割と機能拡大に伴う、歴史、政治、経済、技術の観点からとらえた「世界認識」の視点を探究しようとするものである。そして、今日のグローバル化の進展の中での世界情勢と情報メディア環境の動態に照射しうる視座を得るための議論の場を提供する。

社会情報学会(SSI)平成24年度 九州・沖縄地区総会&研究会

平成24年度社会情報学会(SSI)九州・沖縄地区 総会&研究会
情報通信月間参加企画シンポジウム

ソーシャルメディアの利用から考える地域情報化
――東アジアと九州地方の新たなつながりをソーシャルメディア利用の視点から考える――

日時:平成24年6月15日(金)13:30〜16:50
場所:アーバン・オフィス天神(福岡市中央区天神1丁目3−38−13F)
 
プログラム

12:30    開場・受付開始
13:30-13:35    開会挨拶 内門 修一(社団法人九州テレコム振興センター(KIAI)専務理事)
            守弘 仁志(熊本学園大学教授)

13:35-14:25    基調講演 「東アジア情報交流と〈ソーシャル〉メディア−−過去から現在へ」
             遠藤 薫(学習院大学教授)

14:25-14:40    休憩

14:40-16:40    パネル・ディスカッション
「ソーシャルメディアの利用は九州内と東アジアのつながりにどう影響を与えるのか」
     コーディネーター 河又貴洋(長崎県立大学准教授)

   「東アジアの若者の文化越境とソーシャルメディアの関係」
     吉光 正絵(長崎県立大学准教授)
   「ソーシャルメディアの利用と同人音楽」
     井手口 彰典(鹿児島国際大学福祉社会学部現代社会学科専任講師)

16:40-16:50    閉会挨拶
        横山 正人(長崎総合科学大学環境・建築学部教授)
                                    敬称略

主 催: 社会情報学会(SSI)九州支部/(社)九州テレコム振興センター(KIAI)
協 賛: 情報通信月間推進協議会
 
概 要: ICT(情報通信技術)の進展は私たちの文化や意識、社会的資本の構築方法に重大な転換をもたらしている。インターネットの普及は、世界各国の事象に関する情報収集や発信、コンテンツ利用と提供をフリーにした。特に、ソーシャルメディアの普及は、あらゆる人々が自分の意見や感情を平等に表現することを可能にし、国や人種、言語や習俗を異にする人々の間に交流を育み心理的な絆を形成することを可能にした。本シンポジウムでは、このようなICT(情報通信技術)の進展によって生じつつある人と情報、人とモノ、人と人、人と地域、人と世界のつながり方の変化が、私達の生活世界や産業構造に与えている影響について議論し、東アジアとの交流の窓口として機能してきた九州発信の新しい情報化のスタイルを共に考えていきたい。
 

ソーシャルメディアの利用から考える地域情報化


日本社会情報学会(JASI)九州支部/(社)九州テレコム振興センター(KIAI)主催シンポジウム
情報通信月間参加行事
 
「ソーシャルメディアの利用から考える地域情報化」
――九州地方における経済・政治・生活・文化の諸側面における
新たなつながりをソーシャルメディアの利用の観点から考える――
 
 
  •  趣旨

 現在、ICT(情報通信技術)の進展は私たちの文化や意識、社会的資本の構築方法に重大な転換をもたらしている。インターネットの普及は、世界各国の事象に関する情報収集や発信、コンテンツ利用と提供をフリーにした。特に、ソーシャルメディアの普及は、あらゆる立ち場の人々が自分の意見や感情を平等に表現することを可能にし、国や人種、言語や習俗を異にする人々の間に交流を育み心理的な絆を形成することを可能にした。その一方で、地域限定のコミュニティや地域SNSの運営によって、失われつつある地域の絆を復活させ地域に活力を生み出す機能も果たしてきた。
 本シンポジウムでは、このようなICT(情報通信技術)の進展によって生じつつある人と情報、人とモノ、人と人、人と地域、人と世界のつながり方の変化が、私達の生活世界や産業構造に与えている影響について議論し、九州発信の新しい情報化のスタイルを共に考えていきたい。

 
  •  スケジュールおよび概要

日 時:平成23年6月16日(木)13:30〜(12:30開場)

会 場:都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)http://tsukushi-kaikan.jp/

主 催: 日本社会情報学会(JASI)九州支部/(社)九州テレコム振興センター(KIAI)

協 賛: 情報通信月間推進協議会

定 員: 60名程度(事前申込要)

参加費:無料

 
  • 申込・問合せ

氏名・所属を明記の上、下記までe-mailまたはファックスでお願いします。
(社)九州テレコム振興センター(KIAI) 野村 雪子
e-mail:nomura@kiai.gr.jp   FAX:096-322-0186


日本社会情報学会(JASI)九州支部事務局 長崎県立大学国際情報学部 吉光 正絵
e-mail: my@sun.ac.jp   FAX: 095-813-5307

 
  • プログラム

12:30     開場・受付開始
13:30−13:35 開会挨拶(主催者)

13:35−14:25 基調講演
           テーマ「情報革命とローカルメディア」
         牛島 清豪(株式会社ローカルメディアラボ代表取締役)

14:25−14:40 休憩

14:25−16:40 パネル・ディスカッション
        テーマ「ソーシャル・メディアの利用は九州内そして
           九州と世界とのつながりにどう影響を与えるのか」

        コーディネーター 吉光 正絵
                (長崎県立大学国際情報学部情報メディア学科准教授)

        パネリスト
             牛島 清豪(株式会社ローカルメディアラボ代表取締役)
             渡辺 律子(財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
                   研究企画部長)
             大杉 卓三(九州大学日本エジプト科学技術連携センター
                   研究員)
             広岡 淳二(社団法人九州テレコム振興センター事務局長)

16:40−16:50 閉会の挨拶(主催者)
 
  • パネリスト紹介

牛島 清豪(株式会社ローカルメディアラボ代表取締役)
略歴:94年佐賀新聞社に入社。営業、販売、経営企画などの職場を経て、メディア戦略部門のチームリーダーを務める。06年には、新聞社初となったSNS「ひびのコミュニティ」をプロデュース。07年ミニブログを使ったインターハイ特設サイト、09年携帯ゲーム機を使った消費者発信広告企画など、CGM連動型メディア企画を多数手がける。2010年3月、佐賀新聞社を退職し、�ローカルメディアラボを設立。地域メディアコンサルタント、メディアプランナーとして活動中。
内容:「既存の地域メディアからみたソーシャルメディアの可能性」
既存の地域メディアとソーシャルメディアの違い、さらにその可能性について、事例を紹介しながらお話しします。

渡辺 律子(財団法人ハイパーネットワーク社会研究所研究企画部長)
略歴:教育におけるコンピューターおよびネットワークの活用を専門に研究。地域の青少年、高齢者など「情報弱者」にかかわる問題に関心をもちインターネットやケータイの安心・安全な利用についての講師を務める。教育現場および企業経営にかかわる「情報モラル」の全国的な普及啓発活動に従事。
内容:「地域でのソーシャルメディアの活用」
研究所が取り組んでいる地域情報化支援に関する取り組みと、ソーシャルメディアの活用に向けた取組について報告します。 

大杉 卓三(九州大学日本エジプト科学技術連携センター研究員
略歴:情報通信技術による地域開発、国際開発協力を研究。著書に『大学の地域メディア戦略映像番組制作による大学の地域貢献』(単著)、『人間の安全保障と中央アジア』(編著)など。
内容: 「ソーシャルメディアによる国際的な絆の形成」
ソーシャルメディアを活用した国連と大学の新しい取り組みなど、国際的な利活用の動向を紹介します。

広岡 淳二(社団法人九州テレコム振興センター(KIAI)事務局長)
略歴:JGNプロジェクトをベースとした九州地域におけるICT分野の産学官連携事業に
長く従事。平成19年度に九州広域に及ぶ情報化推進団体であるKIAI(九州情報通信連携推進協議会)を立ち上げ、平成20年度より、KIAI専任の事務局長として就任。平成22年度にKIAIと社団法人九州テレコム振興センターとの統合を果たした後、引き続き事務局長として就任。
内容: 「地域の安心・安全とソーシャルメディア」

      
*敬称は省略させていただいております。
 
*どなたでもお気軽に御参加ください。

JASI九州支部2011年総会&研究会

 下記により、JASI九州支部での活動報告とともに、総会を開催し、今後の九州支部の活動について検討致したく、会員各位のご出席を宜しくお願い致します。

また、今回総会に合わせて研究会を企画いたしました。テーマを「スマートシティからスマートコミュニティまで〜人間中心の持続可能生活環境を考える」として、現在長崎県の長崎EV&ITSプロジェクトを担われている東京大学生産技術研究所の鈴木高宏先生と、GISの社会的利用を研究されている電気通信大学大学院情報システム学研究科の山本佳世子先生をお招きして、発表いただき、情報通信技術の発達とその社会的利用の可能性を討論したいと思います。

なお、今回長崎で総会&研究会を開催するに当たり、ご参加いただくには地理的な制約があろうかと思い、総会&研究会後の宿泊も念頭に入れたプログラムを練らせた頂きました。これを機会に、懇親会=夜なべ談義を通じ、今後益々九州地区での研究者間のネットワークを広げていきたいと思いますので、積極的なご参加をお待ちしております。また、学生を含め関心を寄せる方々をご紹介いただき、九州支部での会員としてお誘いいただければ幸いです。

なお、宿泊所の予約の関係上、1月28日(金)を返信の期限とさせていたできますので宜しくお願い申し上げます。また、非会員の方はこれを機会に入会をご検討いただけますよう宜しくお願い申し上げます。
 
日本社会情報学会(JASI)九州支部長 河又貴洋

-------- JASI九州支部2011年総会&研究会 --------
1 開催日時:平成23年2月19日(土) 13:00〜17:30
                 (開場 13:00〜)

2 開催会場:「やすらぎ伊王島」研修ルーム( http://www.ioujima.jp/ )
    住所:〒851-1201 長崎県長崎市伊王島町1丁目3277-7 |
TEL:095-898-2202 | info-yasuragi@ioujima.jp

3 支部総会(13:00〜14:00)
 ・2010年度活動報告(決算報告を含む)
 ・2011年度活動計画(情報通信月間参加行事を含む)

4 研究会(14:30〜17:30)―参加費無料
 〔プログラム〕
テーマ:スマートシティからスマートコミュニティまで〜人間中心の持続可能生活環境を考える

  • 「長崎EV&ITS 〜EVとITSから開かれる次世代環境共生社会の提案〜」
  鈴木高宏(東京大学生産技術研究所)
  
  • 「持続可能な生活環境を実現するために、GISはどのような貢献ができるのか?」
  山本佳世子(電気通信大学大学院)


5 懇親会&夜なべ談義(18:00〜)
   懇親会費:4,000円程度
   宿泊費(懇親会費を含む):10,000円前後

6 参加方法  FAXまたはメールにて
7 お問い合わせ先 JASI九州支部事務局
    長崎県立大学シーボルト校 国際情報学部情報メディア学科
     河又貴洋研究室
      TEL&FAX 095-813-5106
         e-mail : jasi.kyushu@gmail.com または t.kawamata@sun.ac.jp




九州支部シンポジウム2010 「九州からアジアの情報化を読む」

 

日本社会情報学会(JASI)九州支部
シンポジウム2010(情報通信月間参加行事)

 

九州からアジアの情報化を読む

 

経済成長とともにICT分野で急速な発展を遂げる
アジア地域における展開を、生産・消費・生活の観点から読み解きながら、今後の九州地域戦略を考える。

 

●趣旨

リーマンショック後の経済危機にも逸早い回復をみせるアジア経済。その原動力ともいえるアジアの世界の工場地帯としてのプレゼンスとともに、その成長によって牽引された旺盛な消費社会が、まさに世界経済の多極化を推し進めている。他方、日本は国際金融恐慌の直接的な影響が比較的限定的な範囲で収まったにも拘わらず、輸出産業への間接的な効果を大きく受け、回復の兆しがみえた国内経済に更なる迷走を余儀なくされた。

一方で、情報通信技術(ICT)の進展は、グローバル化の波とともに急速に展開し、新たなビジネスシーンを開拓してきている。その象徴とも言うべき検索エンジンを中軸とするインターネット・ビジネスはクラウド化(雲の中へ)し、データ処理の分散化から再中央集権化へと移行し始めている。また、i-Phoneはモバイル通信の新たなモデルを提示しながら、スマートフォンの普及を先導している。さらに、i-Podで急展開を見せた音楽のネット配信ビジネスは音楽業界のビジネスモデルを根本から変革し音楽CD販売を凌ぎ始めているとともに、アマゾンの「Kindle」(キンドル)やi-Padで話題を呼ぶ電子書籍化の動きが著作者及び出版業界を巻き込んで活発化してきている。

そして、これら技術の高度化に伴うアプリケーションの多様化を、今一度、グローバルな視野から捉えればどのように見えるであろうか。情報通信技術のビジネス展開において、キラー技術を米国企業に押さえられながら、すり合わせ統合型技術に優位性を誇ってきた日本企業は「ガラパゴス化」した国内市場に囚われて、海外市場に打って出る戦略に二の足を踏んでいるかに思われる。その合間にも、製造業は韓国や中国の企業に追い上げられている。

本シンポジウムは、このような情報通信技術のグローバルな急転回期にあって、われわれの生活社会ならびに産業社会はどのように変化しうるのか、とりわけアジア地域を広域的に眺望した場合、日本でもアジアの他諸国と最も近接する九州地域は、アジアの情報化の波をどのように受け止めるべきであろうか。自地域における情報化の基盤を確保するとともに、われわれの生活環境(生産・消費環境を含む)にどのようにその技術を利活用していくべきか。その問いへの解答を議論しながら、九州の地域情報化の関係者とともに考えていきたい。

 

●スケジュールおよび概要

日 時: 平成2269日(水)13:30〜(12:30開場)

会 場: 福岡国際会議場(福岡市博多区石城町2-1

http://www.marinemesse.or.jp/congress/access/ 

主 催: 日本社会情報学会(JASI)九州支部、(社)九州テレコム振興センター

協 賛: 情報通信月間推進協議会

定 員:  200名程度(事前申込要)

参加費: 無料

 

申込・問合せ:氏名・所属を明記のうえ、下記までe-mailまたはファックスで
     お願いします。

日本社会情報学会JASI九州支部事務局

長崎県立大学シーボルト校 国際情報学部 河又貴洋

e-mail : t.kawamata@sun.ac.jp  FAX: 095-813-5106


 

テーマ  「九州からアジアの情報化を読む

プログラム

12:30    開場・受付開始

13:30-13:35 開会の挨拶(主催者)

13:35-14:25 講演1 「中国の情報化と情報技術産業」

丸川知雄(東京大学社会科学研究所教授)

14:25-15:15 講演2 「アジアの情報化と日本の国際競争力
                       〜競争と協力の観点から」

大杉卓三(九州大学システムLSI研究センター
                                   学術研究員)

15:15-15:30 休憩

15:30-16:30 パネル・ディスカッション(質疑応答を含む)

テーマ「九州を取り巻く日本、そしてアジアの情報化を
        どう捉えるか

コーディネーター 河又貴洋(長崎県立大学シーボルト校)

パネリスト  丸川知雄(東京大学社会科学研究所教授)

大杉卓三(九州大学システムLSI研究センター
学術研究員)

飯塚留美((財)マルチメディア振興センター
主席研究員)

16:3016:35 閉会の挨拶(主催者)


                        2010シンポ
            2010シンポジウムポスター


参加解答用紙はこちらをご利用下さい (Word版) (PDF版)




日本社会情報学会(JASI&JSIS)九州支部 ワークショップ2009年開催のご案内

持続可能な地域づくりに向けた情報環境と方向性

〜離島地域における地域メディアの役割と可能性〜

ポスター
ワークショップ2009ポスター

                    

  開催日時  平成21年11月6・7日(金・土)
 

  開催会場  対馬市交流センター(長崎県対馬市厳原町今屋敷661番地3


3 プログラム概要


  11月6日(金)【第1日目】 総合司会:吉光正絵 長崎県立大学准教授


13:00 開会挨拶  河又貴洋 長崎県立大学准教授


13:05  ご挨拶  財部能成 対馬市長(調整中)


13:15  講演1「離島の医療問題
           〜地域見守り支援システムの構築に向けて」
    
本多正幸 長崎大学副学長兼医学部教授

    講演2「持続可能な社会に向けた地域課題の解決と情報発信」

    並木志乃 東京大学大学院情報学環交流研究員


       15:15 休憩 


       15:30 パネル報告会

「情報化の中で地域の問題〜医療福祉・環境・地域活性化・教育」

<パネリスト>(調整中)

    「医療福祉」三輪まどか 宮崎経営産業大学法学部講師

     「地域活性化」竹内和朗 長崎県新上五島町まちづくり推進課
                           情報化推進室

    「教育」河又貴洋 長崎県立大学准教授

「地域メディア」米田利己(螢灰潺絅縫謄メディア代表取締役)

<コーディネータ> 横山正人 長崎総合科学大学教授


17:30  閉会挨拶


18:30 ワークショップへのプロローグ〜懇親会
      (会費:3,000円程度)

 

  11月7日(土)【第2日目】


10:00 ワークショップ
        「情報通信技術による地域の問題解決を考える」

  
      セッション<モデレータ:調整中>:

|楼莪緡邸κ〇磧稻楝神宜&守弘仁志熊本学園大学教授>

地域活性化…地域交流(経済交流から住民交流まで)<竹内和朗>

       6軌蕁弊験恭惱から子育て支援まで)<河又貴洋>

   っ楼茱瓮妊ア<米田利己>


10:50 休憩


11:00 パネルディスカッション

<パネリスト>(調整中)

  ワークショップ・モデレータ

<コーディネータ> 横山正人 長崎総合科学大学教授


12:00 閉会挨拶


13:00 対馬CATV事業視察(自由参加)

 

4  参加方法 FAXまたはメールにて
             (別紙「参加回答用紙」をご利用ください)

 

5 お問い合わせ先 日本社会情報学会(JASI)九州支部

 ワークショップ2009 事務局

          長崎市出島町1−43 D-FLAG 206号室

  <TEL&FAX 095-816-1588、e-mail : jasi@edonagasaki.jp>

 

 主催:日本社会情報学会(JASIJSIS)九州支部、

()九州テレコム振興センター

 
 共催:対馬市

 

8 協賛:ORCオリエンタルブリッジ、対馬市CATV

9 後援:

 長崎県、長崎教育委員会、対馬市教育委員会、(財)長崎県産業振興財団
 長崎県CATV協議会、日本ケーブルテレビ連盟九州支部
 日本CATV技術協会長崎地区支部
 朝日新聞社、株式会社長崎新聞社、時事通信社
 日本経済新聞社長崎支局、毎日新聞社、読売新聞長崎支局、西日本新聞社
 NHK長崎放送局、NCC長崎文化放送、NBC長崎放送
 KTNテレビ長崎、NIB長崎国際テレビ
 NTT西日本長崎支店


参加回答用紙はこちらをご利用ください⇒


<< | 2/2PAGES |