社会情報学会(SSI)九州・沖縄支部 若手研究会

社会情報学会(SSI)九州・沖縄支部 若手研究会

 

日 時: 2017 年 2 月 10 日(金)15:00〜

場 所: 九州大学箱崎キャンバス(貝塚地区)経済学部棟510A

 

《プログラム》

 

報告 1.「ASEAN のサービス貿易に関する実証分析

 ―AFAS 新パッケージの自由化度の計測及び東アジアの主要 FTA との比較分析」

 〇 猿渡剛(九州大学大学院 経済学研究院 専門研究員)

 

要旨

本報告では、ASEAN サービスに関する枠組み協定(AFAS)の下で実現したサービス貿易の自由化度を計測し、他の東アジア主要国が署名してきた FTA の下での自由化度と比較することで、AFAS の評価を試みた。本報告の結論は以下のようにまとめられる。ASEAN 全体としては教育サービス、環境サービス、健康・社会事業サービス、2010 年代以降はその他のサービスの貿易自由化が特に進展した。すべての ASEAN 加盟国が自由化を進めており、とりわけミャンマーやブルネイの自由化が著しく進んでいる。また、ASEAN 域内のサービス貿易自由化の水準は中国や韓国の水準を追い抜き、日本の水準に接近していることが分かった。

AFAS は ASEAN 域内のサービス貿易自由化に貢献し、ASEAN を東アジアの一大自由貿易地域へと押し上げたと評価できる。

 

報告 2.「Leapfrogging 型経済発展と格差の研究―インドと中国の比較を手がかりに―」

 〇 王瑋(九州大学 経済学府)

 篠崎彰彦 (九州大学経済学研究院教授)

 

要旨

インドと中国は急速な情報化を背景に高い経済成長を遂げている。両国の経済発展は、伝統的な「雁行形態型発展論」や「チャッチアプ型工業化論」が示す過程とは様相を異にし、「蛙飛び型発展(Leapfrogging development)」と指摘する先行研究も多い。ただし、情報化を一つの共通要因としつつも、両国経済には多くの異なる特徴が観察されるほか、技術革新による成長の過程では、様々な格差問題も生じている。本報告は、格差研究の観点から、まずLeapfrogging development に関する先行研究をレビューし、概念の起源と変遷を整理する。

その上で、インドと中国の経済発展を Leapfrogging development の枠組みで比較し、両国経済の相違点を考察するとともに、技術革新と経済発展と格差の関連性を探り、今後の研究課題を検討する。

 

 

報告 3.「今なお終わることのできない水俣病事件史を『伝える』ネットワーク形成

 −水俣学データーベース・アーカイブ作成事業」

 〇 井上ゆかり(熊本学園大学水俣学研究センター・研究助手)

 花田昌宣(熊本学園大学水俣学研究センター長)

 守弘仁志(熊本学園大学社会福祉学部教授)

 

要旨

公式確認後 60 年となる水俣病は世界的に知られ、その教訓を国内外に発信する

ことが求められている。熊本学園大学では、水俣病事件の全体像解明を基礎に新た

な学術分野と方法論を開拓すべく水俣学研究センターを設置し、収集した資料を「水

俣学研究センター所蔵資料データベース」として公開しているが、さらに水俣病を視覚的

に理解してもらえるように作成した「水俣学アーカイブ」を公開している。データベースとアーカイブの整理・保存、活用、課題の観点から、今なお解決をみない水俣病事件を次世代に伝えるネットワーク形成の現状を紹介する。 


九州・沖縄支部「地域社会情報学」研究会

1.開催日時 平成27年11月14日(土)

九州・沖縄支部「地域社会情報学」研究会

     13:30〜17:30  <参加費無料>


 第1部 地域情報化と地方創生を考える

【基調報告(40分)】 
1−1 地域創生と地域情報化 (13:30〜14:10)

公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
理事長・所長 東京大学名誉教授
  大場 善次郎 氏

【パネル報告(各20分)&討論(20分)】 
1−2 地域創生のための地域情報化とは
                     (14:25〜16:15)

1−2−1 (大分から)
  公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
  理事 青木 栄二 氏

1−2−2 (長崎から)
  長崎県立大学シーボルト校
  国際情報学部情報メディア学科准教授
    河又 貴洋

1−2−3 (鹿児島から)
  鹿児島大学
  学術情報基盤センター教授
    升屋 正人 氏

1−2−4 (熊本から)
  九州地域情報化研究所 代表
  長崎総合科学大学 名誉教授・学術研究員
    横山 正人 氏 【モデレータ】 

 【司会進行】日本文理大学 工学部情報メディア学科准教授
     高 文局 氏
 
 
第2部 自由論題研究発表(発表15分+質疑5分)       
         (16:30〜17:30)

 
2−1 「島嶼におけるコミュニティ・ラジオの役割」
    情報科学芸術大学院大学  金山智子

2−2 「神奈川県横浜市議会議事録の定量分析と可視化の試み」
    明星大学人文学部人間社会学科  増田 桂

2−3 「コ ミケサークル参加申込者の結婚状況と作品選好との関係について」
    九州大学地球社会統合科学府   宋 輝雄


   情報交換会<有料> 研究会終了後 (予定) 場所(検討中)
 
─────────────────────────────────
2.場所   大分県大分市<日本文理大学
      http://www.nbu.ac.jp/access/index.php

【会場問合せ先】 
  支部運営委員  日本文理大学工学部准教授 高 文局)
─────────────────────────────────
                               

SSI九州・沖縄支部2014年度支部総会&研究会

SSI九州・沖縄支部2014年度支部総会&研究会

日時: 2015年2月14日(土)13:30〜

場所: 九大箱崎キャンバス(貝塚地区)経済学部棟510B
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hakozaki/hakozaki.html
(キャンパスマップ:緑色の文系地区ぁ

議事次第: 

支部総会(13:30〜14:00):
  2014年度支部活動報告及び会計報告
  2015年度支部活動計画
           〜地域社会情報学研究会(11月開催予定):開催地検討を含む

支部研究会<若手研究発表>(14:10〜17:00):
  【発表:20分+質疑10分


 屮優奪肇錙璽理論を用いた対米サービス貿易拡大の実証分析
   ―米印間のオフショアリングを手がかりに―」
   末永雄大・閔廷媛・篠彰彦(九州大学大学院経済学研究院)

◆峽荳僖轡好謄狆霾鷁修旅餾歡流―日中比較が照らし出す現状と課題―」
   羅遠翔・日高大輔・篠彰彦(九州大学大学院経済学研究院)

「ICT産業のグローバル化に関する研究―研究の背景と問題意識― 」
   高橋知樹(九州大学大学院経済学研究院)

<休憩20分:15:40〜16:00>

ぁ崟佝蠅妨る沖縄戦----社会的記憶とメディア」(仮)
   新屋 いずみ(九州大学 地球社会統合科学府)

ァ屮哀蹇璽丱覯修垢襦kawaii』ーフランスにおけるロリータファッションの受容ー」
   中川 詩奈(九州大学 比較社会文化学府 修士課程)

社会情報学会(SSI)九州・沖縄支部研究会のご案内

1.開催日時 平成26年11月22日(土)

  九州・沖縄支部「地域社会情報学」研究会  13:30〜17:30
 <エクスカーション:23日(日)10:00〜12:00 武雄市図書館視察>

 第1部 地域情報化・再考〜学びの「情報<知・地・磁>場」を考える〜

【総合コーディネータ兼コメンテータ】 横山正人(長崎総合科学大学)

【基調報告】
1-1.「インフォメーション・コモンズからラーニング・コモンズへ〜大学における自律的学習支援の試み」(仮題)(九州大学附属図書館・石田栄美)

【パネル報告】
1-2.「佐賀県の地域情報化戦略」 牛島清豪(株式会社ローカルメディアラボ)
1-3.「大学を拠点とする地域の居場所づくり」 眞鍋知子(金沢大学)
1-4.「思いが響き合う場を生み出す紙芝居」 柳田多聞(長崎県立大学)


 第2部 自由論題研究発表(公募)

2-1.「非連続イノベーションを見据えたユーザーイノベーションにおける情報の非対称性に関する一考察」  鈴木羽留香(立命館大学衣笠総合研究機構)
2-2.「『学び』の認知論から存在論的理解へ〜PBL体験学習の現在〜」 河又貴洋(長崎県立大学)


   懇親会 研究会終了後  (予定)場所(武雄市内検討中)

──────────────────────────────
2.場所  武雄市文化会館 3階 中研修室
    武雄市武雄町大字武雄5538番地1(GoogleMap)

<翌23日には、エクスカーションとして武雄市図書館を視察>
──────────────────────────────


■共催シンポジウム■ 長崎からつなぐ<過去・現在・未来>

■共催シンポジウム■
長崎からつなぐ<過去・現在・未来>
―日本の電信電話事業の幕開けと現代におけるケーブル事業の展開―
http://www.jotsugakkai.or.jp/operation/nagasaki-symposium.html

主 催: 長崎歴史文化博物館
共 催: 情報通信学会/社会情報学会(SSI)九州・沖縄支部/公益事業学会九州部会
協 賛: KDDIグループ

日 時: 平成24年12月16日(日)13:30〜16:50
場 所: 長崎県歴史文化博物館ホール
(〒850-0007 長崎市立山1丁目1番1号)

プログラム: (敬称略)

12:30 開場・受付開始

13:30-13:35 開会挨拶 菅谷実(情報通信学会会長・慶応義塾大学教授)

13:35-14:25 基調講演
        「情報交流地としての長崎〜過去から現在へ」
          ブライアン・バークガフニ(長崎総合科学大学教授)

14:25-14:40 休憩

14:40-16:40 パネル・ディスカッション
テーマ: 「海底ケーブルは何をどのようにつないだのか?!」
    コーディネータ: 菅谷実(慶應義塾大学メディアコミュニケーション研究所教授)

パネリスト:
  「近代化の魁・長崎〜電信電話事業の幕開け」
     岡本健一郎(長崎歴史文化博物館研究員)
  「電信電話事業から見た日本の近代化における世界認識」
     河又貴洋(長崎県立大学国際情報学部准教授)
  「海底ケーブルの現状と将来展望」
     安田豊(株式会社KDDI研究所代表取締役会長)
  「海底ケーブルの国際政治学」
     土屋大洋(慶應義塾大学大学院政策メディア・研究科教授)
 
16:40-16:50 閉会挨拶 大堀 哲(長崎歴史文化博物館館長)

総合司会: 吉光正絵(長崎県立大学国際情報学部准教授)

概 要: 近代化の魁(さきがけ)となった長崎。その一つに電信電話事業の発祥の地としての長崎の存在がある。幕末の国際情勢動乱期に、長崎に持ち込まれた電信電話技術は、国際と国内を結ぶ交易都市としての長崎のみならず、国際情報流通ポイントとして長崎の戦略拠点的役割を高めることともなった。
本シンポジウムでは、近代化という社会改革の胎動期にあった長崎の遺産を手掛かりに、その後の近代・現代化を推進することになる情報通信技術の役割と機能拡大に伴う、歴史、政治、経済、技術の観点からとらえた「世界認識」の視点を探究しようとするものである。そして、今日のグローバル化の進展の中での世界情勢と情報メディア環境の動態に照射しうる視座を得るための議論の場を提供する。

九州支部シンポジウム2010 「九州からアジアの情報化を読む」

 

日本社会情報学会(JASI)九州支部
シンポジウム2010(情報通信月間参加行事)

 

九州からアジアの情報化を読む

 

経済成長とともにICT分野で急速な発展を遂げる
アジア地域における展開を、生産・消費・生活の観点から読み解きながら、今後の九州地域戦略を考える。

 

●趣旨

リーマンショック後の経済危機にも逸早い回復をみせるアジア経済。その原動力ともいえるアジアの世界の工場地帯としてのプレゼンスとともに、その成長によって牽引された旺盛な消費社会が、まさに世界経済の多極化を推し進めている。他方、日本は国際金融恐慌の直接的な影響が比較的限定的な範囲で収まったにも拘わらず、輸出産業への間接的な効果を大きく受け、回復の兆しがみえた国内経済に更なる迷走を余儀なくされた。

一方で、情報通信技術(ICT)の進展は、グローバル化の波とともに急速に展開し、新たなビジネスシーンを開拓してきている。その象徴とも言うべき検索エンジンを中軸とするインターネット・ビジネスはクラウド化(雲の中へ)し、データ処理の分散化から再中央集権化へと移行し始めている。また、i-Phoneはモバイル通信の新たなモデルを提示しながら、スマートフォンの普及を先導している。さらに、i-Podで急展開を見せた音楽のネット配信ビジネスは音楽業界のビジネスモデルを根本から変革し音楽CD販売を凌ぎ始めているとともに、アマゾンの「Kindle」(キンドル)やi-Padで話題を呼ぶ電子書籍化の動きが著作者及び出版業界を巻き込んで活発化してきている。

そして、これら技術の高度化に伴うアプリケーションの多様化を、今一度、グローバルな視野から捉えればどのように見えるであろうか。情報通信技術のビジネス展開において、キラー技術を米国企業に押さえられながら、すり合わせ統合型技術に優位性を誇ってきた日本企業は「ガラパゴス化」した国内市場に囚われて、海外市場に打って出る戦略に二の足を踏んでいるかに思われる。その合間にも、製造業は韓国や中国の企業に追い上げられている。

本シンポジウムは、このような情報通信技術のグローバルな急転回期にあって、われわれの生活社会ならびに産業社会はどのように変化しうるのか、とりわけアジア地域を広域的に眺望した場合、日本でもアジアの他諸国と最も近接する九州地域は、アジアの情報化の波をどのように受け止めるべきであろうか。自地域における情報化の基盤を確保するとともに、われわれの生活環境(生産・消費環境を含む)にどのようにその技術を利活用していくべきか。その問いへの解答を議論しながら、九州の地域情報化の関係者とともに考えていきたい。

 

●スケジュールおよび概要

日 時: 平成2269日(水)13:30〜(12:30開場)

会 場: 福岡国際会議場(福岡市博多区石城町2-1

http://www.marinemesse.or.jp/congress/access/ 

主 催: 日本社会情報学会(JASI)九州支部、(社)九州テレコム振興センター

協 賛: 情報通信月間推進協議会

定 員:  200名程度(事前申込要)

参加費: 無料

 

申込・問合せ:氏名・所属を明記のうえ、下記までe-mailまたはファックスで
     お願いします。

日本社会情報学会JASI九州支部事務局

長崎県立大学シーボルト校 国際情報学部 河又貴洋

e-mail : t.kawamata@sun.ac.jp  FAX: 095-813-5106


 

テーマ  「九州からアジアの情報化を読む

プログラム

12:30    開場・受付開始

13:30-13:35 開会の挨拶(主催者)

13:35-14:25 講演1 「中国の情報化と情報技術産業」

丸川知雄(東京大学社会科学研究所教授)

14:25-15:15 講演2 「アジアの情報化と日本の国際競争力
                       〜競争と協力の観点から」

大杉卓三(九州大学システムLSI研究センター
                                   学術研究員)

15:15-15:30 休憩

15:30-16:30 パネル・ディスカッション(質疑応答を含む)

テーマ「九州を取り巻く日本、そしてアジアの情報化を
        どう捉えるか

コーディネーター 河又貴洋(長崎県立大学シーボルト校)

パネリスト  丸川知雄(東京大学社会科学研究所教授)

大杉卓三(九州大学システムLSI研究センター
学術研究員)

飯塚留美((財)マルチメディア振興センター
主席研究員)

16:3016:35 閉会の挨拶(主催者)


                        2010シンポ
            2010シンポジウムポスター


参加解答用紙はこちらをご利用下さい (Word版) (PDF版)




日本社会情報学会(JASI&JSIS)九州支部 ワークショップ2009年開催のご案内

持続可能な地域づくりに向けた情報環境と方向性

〜離島地域における地域メディアの役割と可能性〜

ポスター
ワークショップ2009ポスター

                    

  開催日時  平成21年11月6・7日(金・土)
 

  開催会場  対馬市交流センター(長崎県対馬市厳原町今屋敷661番地3


3 プログラム概要


  11月6日(金)【第1日目】 総合司会:吉光正絵 長崎県立大学准教授


13:00 開会挨拶  河又貴洋 長崎県立大学准教授


13:05  ご挨拶  財部能成 対馬市長(調整中)


13:15  講演1「離島の医療問題
           〜地域見守り支援システムの構築に向けて」
    
本多正幸 長崎大学副学長兼医学部教授

    講演2「持続可能な社会に向けた地域課題の解決と情報発信」

    並木志乃 東京大学大学院情報学環交流研究員


       15:15 休憩 


       15:30 パネル報告会

「情報化の中で地域の問題〜医療福祉・環境・地域活性化・教育」

<パネリスト>(調整中)

    「医療福祉」三輪まどか 宮崎経営産業大学法学部講師

     「地域活性化」竹内和朗 長崎県新上五島町まちづくり推進課
                           情報化推進室

    「教育」河又貴洋 長崎県立大学准教授

「地域メディア」米田利己(螢灰潺絅縫謄メディア代表取締役)

<コーディネータ> 横山正人 長崎総合科学大学教授


17:30  閉会挨拶


18:30 ワークショップへのプロローグ〜懇親会
      (会費:3,000円程度)

 

  11月7日(土)【第2日目】


10:00 ワークショップ
        「情報通信技術による地域の問題解決を考える」

  
      セッション<モデレータ:調整中>:

|楼莪緡邸κ〇磧稻楝神宜&守弘仁志熊本学園大学教授>

地域活性化…地域交流(経済交流から住民交流まで)<竹内和朗>

       6軌蕁弊験恭惱から子育て支援まで)<河又貴洋>

   っ楼茱瓮妊ア<米田利己>


10:50 休憩


11:00 パネルディスカッション

<パネリスト>(調整中)

  ワークショップ・モデレータ

<コーディネータ> 横山正人 長崎総合科学大学教授


12:00 閉会挨拶


13:00 対馬CATV事業視察(自由参加)

 

4  参加方法 FAXまたはメールにて
             (別紙「参加回答用紙」をご利用ください)

 

5 お問い合わせ先 日本社会情報学会(JASI)九州支部

 ワークショップ2009 事務局

          長崎市出島町1−43 D-FLAG 206号室

  <TEL&FAX 095-816-1588、e-mail : jasi@edonagasaki.jp>

 

 主催:日本社会情報学会(JASIJSIS)九州支部、

()九州テレコム振興センター

 
 共催:対馬市

 

8 協賛:ORCオリエンタルブリッジ、対馬市CATV

9 後援:

 長崎県、長崎教育委員会、対馬市教育委員会、(財)長崎県産業振興財団
 長崎県CATV協議会、日本ケーブルテレビ連盟九州支部
 日本CATV技術協会長崎地区支部
 朝日新聞社、株式会社長崎新聞社、時事通信社
 日本経済新聞社長崎支局、毎日新聞社、読売新聞長崎支局、西日本新聞社
 NHK長崎放送局、NCC長崎文化放送、NBC長崎放送
 KTNテレビ長崎、NIB長崎国際テレビ
 NTT西日本長崎支店


参加回答用紙はこちらをご利用ください⇒


| 1/1PAGES |